乃木館:香川県の善通寺駐屯地

明治31年に旧陸軍第11師団司令部として竣工された「乃木館」。漆喰塗りの壁に寄せ棟の瓦屋根を乗せたモダンな洋風建築は、司令部の威厳と質実さを感じさせる威風堂々とした外観が美しいです。

内部には初代司令官であるの乃木将軍をはじめ、歴代司令官が職務を行なった師団長室も現存しています。置かれている机とイスも、乃木将軍が実際に使用したものがそのまま残されています。

善通寺には乃木館のほかにも多くの歴史的遺産があり、中でも旧善通寺偕行社は明治36年に竣工、旧陸軍指弾将校らの社交場として使用されたルネサンス様式の趣のある建造物として有名です。

上の写真は歴代の師団長が執務を行なった当時のままに保存されている「師団長室」です。部屋の四隅には、「天皇陛下の下で恥ずかしくない執務を執り行いたい」という野木将軍の思いから、天皇家のご家紋である菊の花をデザインしたものが取り付けられています。

なお、善通寺市には乃木将軍が客殿に約2年半宿泊していたとされる金創寺も所在しています。

住所 香川県善通寺市南町2-1-1
電話 0877-62-2311
開館時間 1日4回のツアー形式(9:00〜、10:30〜、13:00〜、14:30〜)
休館日 水曜日、年末年始
入場料 無料
アクセス JR讃岐線善通寺駅より徒歩約25分。
Copyright(C)2011 自衛隊資料館ガイド All Rights Reserved