北洋館:青森県の大湊基地

大湊地方総監部などが所在する海上自衛隊大湊基地にあるのが「北洋館」です。昭和56年に開館し、北方の会場防衛をテーマとした貴重な資料が約1000点展示されています。

石造りとなっています

展示室は、海軍・自衛隊室、歴史室に分かれており、明治35年の旧海軍大湊水雷団開庁から現在までの資料がいたるところに展示され、なかには太平洋戦争に敗れた日本が連合国と交わした降伏文書のコピーや、海軍出兵の寄せ書きと第78特務隊の特攻旗、大湊海軍時代に落下傘部隊用として考案され、実際に旧海軍が使用したスキー(下の写真)など、希少なものもあります。

旧海軍が使用したスキーです

北洋館はもともと、大正5年に海軍大湊要港の海軍士官の社交場である水交社として建てられ、外装には恐山山地の最高峰・釜臥山から採石された石材を用いた洋風建築物です。

その美しい姿から、昭和54年に日本建築学会から大正・昭和期の名建築620件の一つとして、全国2万件候補建築から選ばれています。

住所 青森県むつ市大湊町4-1
電話 0175−24−1111
開館時間 9:00〜16:00
休館日 12月29日〜1月3日
入場料 無料
アクセス JR大湊駅線大湊駅からバスで約15分。海上自衛隊前下車。
Copyright(C)2011 自衛隊資料館ガイド All Rights Reserved