広報資料館:沖縄県の那覇駐屯地 第1混成団

現在も残る不発弾の処理にあたる、第101不発弾処理隊を含む陸上自衛隊第1混成団が所在する那覇駐屯地。第2次世界大戦中、日本国内における最大規模の地上戦が繰り広げられた沖縄では、平和への願いが特に強いと思います。

沖縄戦の立体模型です

後方資料館にあるのは、第1混成団を紹介する展示室と、隊員への教育用に沖縄戦史を再現した立体模型室(上の写真です)。

展示室には不発弾処理コーナーや緊急患者輸送コーナーなどがあり、第1混成団の活動を知ることができます。立体模型室では、1945年4月1日、米軍が上陸を開始してから、同年6月23日に第32軍司令官牛島中将が自決するまでの約3ヶ月を光・映像・ナレーションによる演出とともに再現されています。

戦跡めぐりの前に訪れる人が多いとのことで、未来へと平和をつないでいく、そんな決意を新たにさせてくれる貴重な時間になると思います。

なお、見学にあたっては事前に下記の電話番号に連絡して、申し込む必要があります。

住所 沖縄県那覇市鏡水679
電話 098-857-1155
開館時間 9:00〜16:00
休館日 土日、祝日
入場料 無料
アクセス 那覇空港からバスで約10分。金城で下車。
Copyright(C)2011 自衛隊資料館ガイド All Rights Reserved