明野航空記念館:三重県の明野駐屯地

三重県伊勢市にある明野駐屯地は、先の大戦で活躍したことから死後に「軍神」と称えられた、加藤建夫中佐をはじめとする多くの操縦士を育てた明野陸軍飛行学校が元となっています。

昭和30年には浜松より陸上自衛隊航空学校外注しています。現在は航空学校のほかに第5対戦車ヘリコプター隊、第10飛行隊が所在しており、合わせて70期ほどのヘリコプターが装備されています。

また、三重県で唯一の飛行場であるため、災害時の支援活動の拠点ともなる重要な場所です。

現在記念館となっている赤瓦の建物は旧将校集会所であり、一目見ただけで当時の面影が偲ばれるつくりとなっています。内部は陸上自衛隊を紹介している展示室、旧陸軍関連の物品を展示している検証質に分かれ、当時の戦闘機の一部などを見ることができます。

見学にあたっては、最寄の地方協力本部を通じ、所定の申込用紙で10日前までに申し込む必要がありますので、注意してください。

住所 三重県伊勢市小俣町明野5593-1
電話 0596-37-0111
開館時間 8:00〜17:00
休館日 土日、祝日、年末年始
入場料 無料
アクセス 近鉄線明野駅から徒歩で約15分。
Copyright(C)2011 自衛隊資料館ガイド All Rights Reserved